1. HOME
  2. FILM
  3. シュワルツェネッガー作品
  4. ポール・バーホーベン節炸裂のSFアクション超大作『トータル・リコール』
シュワルツェネッガー作品

ポール・バーホーベン節炸裂のSFアクション超大作『トータル・リコール』

『トータル・リコール』は『ロボコップ』でハリウッドデビューを果たしたポール・バーホーベン監督が、フィリップ・K・ディックの短編小説『追憶売ります』を独自のセンスで映画化したSFアクション超大作。
火星に取り付かれた男、ダグラス・クエイドをシュワルツェネッガーが演じ、クエイドの妻役には当時ブレイク寸前のシャロン・ストーンが抜擢された。

西暦2084年。地球に暮らす肉体労働者のダグラス・クエイドは、妻ローリーと幸せに暮らすものの、毎晩行ったこともない火星の夢に悩まされていた。
このとき、多くの人々が暮らす火星では、エネルギー鉱山の採掘を仕切る独裁者コーヘイゲンとそれに対抗する反乱分子の争いが連日続いていた。
映画は、ダグラスが夢の中で火星の大気にさらされ目玉が飛び出しそうになるショッキングなシーンから始まる。

火星のことが気になって仕方ないクエイドは、会社の同僚ハリーの反対を押し切って火星旅行の記憶を売るというリコール社のサービスを受けるが、それをきっかけに自らの真の姿に疑いを持ち始める…。
その後、同僚のハリーや、妻のローリーが実は自分の監視役だったことを知ったクエイドは、さらに、コーヘイゲンの部下であるリクターとその部下たちに追われることになる。

クエイドを追うリクターは群衆の中でも見境いなしに銃を撃ちまくり、クエイドも巻き添えにあった市民を盾にして反撃するなど、とにかくバイオレンスシーンが凄まじい。
必死の形相でクエイドを追うリクター役のマイケル・アイアンサイドはシュワルツェネッガーと対等にわたりあうほどの存在感をみせている。

逃走中、謎の男から受け取ったカバンに入っていたモニターに、クエイドと同じ顔をしたハウザーと名乗る男が現れ、クエイドは自分が記憶を消されたハウザーの仮の姿であることを告げられる…。
一体自分は何者なのか?クエイドは、モニターから語りかけるハウザーの指示に従い火星へ向った…。

頭に埋め込まれた追跡装置を鼻から取り出したり、太ったおばさんの変装から正体を現すお馴染みのシーンなど、SFXが満載。これらの印象に残るシーンで使われた当時の特殊メイクは何処か愛嬌があって楽しい。

派手なバイオレンスシーンやグロテスクな描写はR指定を受けるのも納得だが、全体的にどこかユーモア漂う作風はいかにもポール・バーホーベンらしく、記憶を消された男の自分探しに加え、この体験のすべてが夢なのか?と思わせる二転三転するストーリー展開はやっぱり面白い。

『トータル・リコール』の興行成績

当時最高額となる制作費6500万ドルが投じられた超大作『トータル・リコール』は、1990年6月1日に全米2060館で公開。週末3日間で2553万ドルの興収をあげて見事首位デビューを果たした。
この成績は『バットマン』(4048万ドル)、『ゴーストバスターズ2』(2947万ドル)、『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(2935万ドル)、『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(2783万ドル)、『ビバリーヒルズ・コップ2』(2634万ドル)に次ぐ歴代6位のオープニング興収となり、最終的には1億1941万ドル(現在の2億5824万ドル相当の興収:2020年5月時点の換算)を稼ぎ出す大ヒット作となった。

『トータル・リコール』オリジナルサウンドトラック

アカデミー賞を受賞した『オーメン』をはじめ、『トラ・トラ・トラ!』『パピヨン』『チャイナタウン』『エイリアン』『ランボー』シリーズなど数々の作品で知られる巨匠ジェリー・ゴールドスミスが『トータル・リコール』の音楽を担当。
映画のオープニングタイトルで流れる『The Dream(火星の夢)』は、シンセパーカッションとオーケストラを見事に融合させたジェリー・ゴールドスミス渾身の一曲。

『トータル・リコール』作品情報

原題:Total Recall
監督:ポール・バーホーベン
脚本:ロナルド・シュゼット、ダン・オバノン、ゲイリー・ゴールドマン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、シャロン・ストーン、レイチェル・ティコティン、ロニー・コックス、マイケル・アイアンサイド
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
全米公開:1990年6月1日
日本公開:1990年12月1日
全米ボックスオフィスランキング:初登場1位
全米興行収入:1億1941万ドル
日本配給収入:24億1200万円
全世界興行収入:2億6132万ドル