1. HOME
  2. TOPICS
  3. 『シュワルツェネッガーのベスト映画トップ10』を米ローリングストーン誌が発表!
TOPICS

『シュワルツェネッガーのベスト映画トップ10』を米ローリングストーン誌が発表!

TOPICS

米ローリングストーン誌が読者投票による『シュワルツェネッガーのベスト映画トップ10』を発表した。
このランキングは、映画批評家ではなく一般の視聴者が選んだものであり、全米の映画ファンの好みや評価が直接反映されているという点でも注目すべきものがある。
世界中で大ヒット作を連発したシュワルツェネッガー作品の中で、一体どの作品がトップ10入りを果たしているのか…!

10位:ツインズ(1988年)

シュワルツェネッガーとダニー・デヴィートが、どう見ても双子に見えない兄弟を演じた大ヒットコメディ。
大きな体に似合わぬ可愛らしさを見せたシュワルツェネッガーと、ダメな双子の兄を茶目っ気たっぷりに演じたダニー・デヴィートの相性は抜群。心を揺さぶるような作品ではないが、文句なしに楽しめる一級の娯楽作だ。

9位:バトルランナー(1987年)

無実の罪を着せられ犯罪者として殺人サバイバル番組『ランニング・マン』に出演させられる元警官ベン・リチャーズの闘いを描いた近未来SFアクション。
全体的に漂ういかにも80年代っぽいチープさと、突き抜けたセンスを持つ敵役たちの存在が最高。その珍妙な仕上がりが却ってカルト的な人気につながった隠れた名作である。

8位:ラスト・アクション・ヒーロー(1993年)

アクション映画『ジャック・スレイター』シリーズに夢中の少年ダニーが、魔法のチケットを手に入れたことから、スレイターが活躍する映画の世界へ入り込み活躍を繰り広げるファンタジー・アクション大作。
公開当時は興行的な成功を収められず、批評家からも芳しい評価を得られなかった本作だが、面白いアイデアとド派手なアクションが満載で大物スターたちのカメオ出演も楽しい。

7位:トータル・リコール(1990年)

鬼才ポール・バーホーベン監督が、フィリップ・K・ディックの短編小説『追憶売ります』を独自のセンスで映画化したSFアクション大作。自分の記憶が偽物であることに気づく労働者ダグラス・クエイドの冒険を描く。
内容は過剰なまでに暴力的でグロテスク。独特のユーモアと皮肉の効いた展開はまさにバーホーベン節。毒のある映画を楽しみたい人にはおすすめだ。

6位:コマンドー(1985年)

娘を誘拐したテロ組織を相手に、シュワルツェネッガー演じる元特殊部隊隊長が大暴れする痛快アクション。
リアリティや無駄な考察など一切不要。シュワルツェネッガーのあまりの超人ぶりが清々しい究極のアクションを楽しむことができる。

5位:トゥルーライズ(1994年)

家庭では平凡なセールスマンと偽っているが、実はアメリカ政府の最高機密機関で諜報員を務めるハリー・タスカーの活躍を描いた製作費1億2000万ドルのアクション・コメディ超大作。
一部の不謹慎な描写に批判や疑問の声が上がるのも頷けるが、この作品の圧倒的な面白さの前ではそんな不満も吹き飛ぶはず。

4位:コナン・ザ・グレート(1982年)

太古の時代、謎の一団に目に前で両親を惨殺された少年コナンが、奴隷として捕らえられてから復讐を果たすまでを描いた一大巨編。脚本は、後に『プラトーン』を世に送り出す名監督オリバー・ストーン。
シュワルツェネッガーの寡黙な演技とジョン・ミリアス監督の骨太な演出が生み出す重厚感が堪らない一作だ。

3位:ターミネーター(1984年)

革命リーダーの母となる人物サラ・コナーを抹殺するため未来から送り込まれたサイボーグと、彼女を守るために未来からやってきた革命戦士との闘いを描くSFアクション。
決して諦めず、どんなに逃げてもひたすら追いかけて来るターミネーターがとにかく怖い。低予算ながら映画史に残る傑作を作り上げたジェームズ・キャメロンの才能には脱帽するばかり。

2位:プレデター(1987年)

南米某国で行方を絶った重要人物を奪還するためジャングルに潜入した特殊部隊が、思いもよらぬ正体不明の敵と戦いを繰り広げるSFアクション。
ジョン・マクティアナン監督による巧みな演出とシュワルツェネッガーの精悍なかっこよさが際立つ、シリーズの記念すべき第1作目にして最高傑作。

1位:ターミネーター2(1991年)

未来の革命リーダー、ジョン・コナーを少年のうちに抹殺するため未来から送り込まれた新型ターミネーターT-1000と、未来のジョン自身が送りこんだ旧型ターミネーターT-800との壮絶な死闘を描いた『ターミネーター』シリーズ第2弾。
前作を遥かに凌ぐスケールと圧巻のアクション。シュワルツェネッガー最大のヒット作にして誰もが知る大傑作が見事『シュワルツェネッガーのベスト映画トップ10』を制した。